観光地【屋久島】地産の料理を食べるならこ

観光地【屋久島】地産の料理を食べるならここ!

  • B!

屋久島

鹿児島県にある屋久島は、世界遺産に登録されていて、そこに自生する縄文杉は屋久杉と命名され観光スポットにもなっています。
また「宮之浦岳」は、九州最高峰の山で日本百名山にも選ばれています。
日本の観光名所として、日本の方のみならず海外の方もよく訪れます。

今回レコメシがご紹介するのは、そんな鹿児島県屋久島南部にある「屋久島 すし将」です。
お店の窓からは名峰「モッチョム岳」が一望できます。
屋久島出身のオーナーは、東京の鮨店で修行を積み、帰郷して念願だった自分のお店を構えました。
すし将では、屋久島地産の海鮮や鹿肉の料理、地酒を存分に楽しむことが出来ます。

広々とした店内

屋久島すし将の店内風景

すし将には全部で45席あり、カウンター席をはじめ、テーブル席、小さいお子様連れでも安心できるお座敷もあり、様々なシーンで利用できそうです。
また、窓から見える屋久島の大自然が奏でる絶景を見ながらの食事は、一層料理を美味しいものにしてくれるでしょう。

屋久島地産の食材を使用した料理に舌鼓

すし将 - 飛魚の姿揚げ

すし将では、屋久島近海でその日穫れたばかりの新鮮な海の幸を毎日仕入れいて、「首折れサバ」をはじめ、「ハマダイ」や「ミズイカ」など、旬の食材を味わえます。
また、珍しい屋久島の鹿肉も絶品!握り寿司や刺身で美味しくいただけます。
その他に「たんかん」や「グァバ」など地元でとれたフルーツもジュースとしていただけます。

美味しい地酒が料理に合う!

すし将 - 地酒

すし将では、「三岳」をはじめ、「屋久の島」など鹿児島の地酒を多数あり、その中には希少な限定物もあります。
その他にも日本酒好きな店主が厳選した各地の地酒もありますので、料理に合わせ楽しむことが出来ます。

“屋久島 すし将”の「これ食べて!」

すし将 - 首折れサバの刺身

屋久島ですし将に行ったら是非コレを食べてみて下さい。
それは、「首折れサバ」。
「首折れサバ」とは、鮮度を保つ為に漁獲後すぐに首を折って血抜きをしたサバのことです。
なので、鮮度が抜群にいい!
これで握り寿司や刺身を肴に日本酒は最高です。

まとめ

屋久島すし将の外観

屋久島の大自然を観光するのも大事ですが、屋久島で獲れたものを食べることも屋久島を知る上では重要でしょう。
屋久島へ来た際は、屋久島の大自然が生む食材を食べに「屋久島 すし将」へどうですか。
絶対おすすめです!

店舗名
屋久島 すし将

所在地
鹿児島県熊毛郡屋久島町尾之間1053-32
店舗地図

電話番号
0997-47-3773

交通手段
安房港より車で約15分
屋久島空港より車で約30分
JRホテルより車で約5分
岩崎ホテルより車で約5分
サンカラホテルより車で約10分

営業時間
11:30 - 14:00 (L.O. 13:30)
17:30 - 22:00 (L.O. 21:30)

定休日
木曜日
金曜日のお昼

予算
ランチ:¥1,000~¥1,999
ディナー:¥3,000~¥3,999

支払方法
カード不可
電子マネー不可

席数
45席
(カウンター/テーブル/お座敷)

ホームページ
http://yakushima-sushisyou.com/
  • B!